ホーム > 採用情報> FAQ

FAQ

よく寄せられるご質問にお答えします。

Q1.アウトソーシングで働くメリットはあるのでしょうか?
Q2.研修、資格取得のコストはどうなるのでしょうか?
Q3.就業先へ行ってしまうと社員間のつながりが薄れてしまうのでは?
Q4.キャリア形成で悩んだ場合は?
Q5.一つの現場が終わってから次の現場へ赴任する間はどうなるのでしょうか?
Q6.具体的に一日の仕事の流れを教えていただけますか?

アウトソーシングで働くメリットはあるのでしょうか?

A.自由度の高さで、幅広い知識と技術を吸収できます。
大きくは、ひとつの企業・部署に制約されずに働くことができるので、幅広い知識と技術が身につきやすいといったメリットがあります。その結果、ゼネコンで働き続ける以外に、他産業での活躍の場に対して、年令や適正の面でニーズにあったマッチングが可能になります。アウトソーシングの世界は実力主義の世界です。従って、やる気と根性があればチャンスはいくらでもあるのです。

研修、資格取得のコストはどうなるのでしょうか?

A.必要な研修と資格取得受験料は会社が負担します。
なぜ、そんなに気前がいいのか?
その訳は、高い技術レベルを目指す会社として、全員が市場価値の高いプロの技術者になっていただきたいからです。人が"財産"の会社です。一般企業でいう社屋や工場等への設備投資のかわりに、その費用を皆さんの技術力向上に充てるのです。

就業先へ行ってしまうと社員間のつながりが薄れてしまうのでは?

A.仲間意識の形成も必要な仕事の一つです。
入社時研修やその後の研修、BBQ等のイベントを通じて仲間意識が培われます。サークルも活発で、現在11のグループがあります。新聞部が毎月発行する社内新聞(CONTECブログに一部掲載)や社内グループウェアを通じ、離れていても交流が図れるよう、社員と一体になって会社も取り組んでいます。

キャリア形成で悩んだ場合は?

A.経験豊富なキャリアカウンセラーがサポートします。
豊富なノウハウを持ったキャリアカウンセラーが、目標設定・キャリア形成のフォローをします。
安心してご相談ください。

一つの現場が終わってから次の現場へ赴任する間はどうなるのでしょうか?

A.学んだことの整理やリフレッシュの期間です。
基本としては、会社に出勤して、現場で学んだことを整理したり、また様々なトレーニング・研修の受講や、資格取得に向けての勉強の機会として活用し、また休暇をとってリフレッシュすることもできます。

具体的に一日の仕事の流れを教えていただけますか?

A.実際の2・3年後のある1日を例に解説しましょう。

07:30
出勤(事前準備・今日のポイント整理)
08:00
朝礼(今日の作業内容・人員確認・危険ポイント周知徹底)新規入所時教育
08:30
担当業務の指示内容の実施状況を場内で確認
10:00
職長との定例会議の事前打ち合わせ
10:30
施工図面・製作図面チェック
11:30
所長他職員と職長との定例会議
12:00
昼食
13:00
担当業務の指示内容の実施状況を場内で確認
13:30
労働基準監督署へ足場・型枠・支保工の作図・協議申請手続き
15:00
協力会社との打ち合わせ
16:00
明日の担当業務の手配確認
17:00
担当業務の出来高確認
17:30
会社の○○さんが来社して打ち合わせ、終業